Twitter、今更ながら始める!

ものすっごく今更ですが、Twitterを始めることにしました。
動機は単純で、座長が始めたからです。
いや、あの・・・ Twitterはとても乗り遅れた感があって、今更始めるのイヤだったのですね。
でも、座長の「FBはオジサン、オバサンしかいないぞ」の一言で決心しました。
新しい出会いを求めて!
フォローとかフォロワーとかわからない事は多いのですが、少しずつ慣れていきますので、よろしくお願いします。
「岡森諦」で検索してみてください。

ま、FBにしろTwitterにしろ、結局ブログへの誘導でしかないとは思いますが・・・ にはははは。


改めて書きますが、私のブログはネタバレ上等です。扉座に限りですが。
ご不快な方は観劇後に覗いてやってください。
扉座のお芝居は少々ネタがバレたところで、全く面白さが損なわれることが無いと思っております。
ライブ、生、を感じてこその扉座の芝居です。

そして、写真はクリックすると大きくなります。ごくたまにそのままのもありますが・・・


さて、稽古も大詰めです。
演出の横内が
「前回(リボンの騎士)は若者が輝いた。今回はオジサンが輝け!」
と言っておりました。
もちろん、輝くべくがんばっておりますが・・・ やっぱり若者たち輝いてます。
私のかわいい、それはそれはかわいい手下どもです。
teshita1.jpg
こいつらがキラキラしております。
素晴らしい!
泣かされます!

そして、私の敵役、三浦修平くん。
miura.jpg
こいつがまた・・・ ステキです!!

ぜひぜひ、応援のほどよろしくお願いします。

私もヒザが折れようが、腰が砕けようが、ノドが破れて血を吐こうが、彼らに負けぬようがんばります。

写真がなんか使い回しですみません。今回、あまり写真を撮ってるスキが・・・
でも、Twitterを始めた以上こちらもがんばります。

10/28『徹の部屋#36』

Facebookには載せたのですが、
『徹の部屋#36』AbemaTV 10/28(日)21:00~23:00 
に、横内はじめメインキャスト総勢で参加させていただきます。
『無謀漫遊記』の魅力をたっぷりと語らせていただきます。
ぜひ、ぜひお見逃しの無きようお願いします。
詳しくはこの辺りを。>>

safe_image.jpg

紀伊國屋公演の大宣伝をさせていただくわけです。
もう通し稽古を毎日ガシガシやっておりますが、かなりの出来だと自負しております。
紀伊國屋、平日はまだお席ございます。
観に来てやってください。
後悔はさせません。
schedule.jpg
平日ですね。


で、珍しく私。
DSC06292.jpg
この兜にカブトムシを付けたいのです。
いや、マジで・・・
戦国武将でムカデとか付けてる人いましたよね?
私はカブトムシ。
なぜかは観てのお楽しみ。

鈴木里沙
DSC06287.jpg
西武の山川とうちの山川がそっくりでしょ? の第二弾です。
全然、盛り上がらなかったけど・・・
体操の北園君にそっくりです。
15歳の天才少年ね。
もう北園君にしか見えません!
ここを見てください。>>

紀伊國屋の平日、まだ大丈夫です。

稽古、佳境です。
日々、汗みずくです。

セリフも殺陣も・・・ 両耳の穴からプッシューッっと蒸気が噴き出しております。

幻冬舎プレゼンツの三作目、横内謙介劇作家40周年記念公演、かなりすっごい作品です。十分に見応えがあると思います。
どんみしっです!!

で、ですね。紀伊國屋の平日がまだ少しお席に余裕がございます。
11/5(月)~9(金)ですね。7(水)はマチネです。
埋まるとは思うのですが、まだ大丈夫です。
一人でも多くの方に観ていただきたいです。
よろしくお願いします。


研究生の諸君に手伝ってもらっております。
DSC06266.jpg
一緒に舞台に立ちます。

ラッキーさんの振り付けも熱い!
DSC06252.jpg
六角が踊り狂います!

稽古終了後もがんばるキュートなガールズたち。
DSC06284.jpg
ご苦労様です。


ところで、7/18に六角と私は紀伊國屋ホールで行われた見城さんのトークショーに出させていただいたのですね。この公演の宣伝も兼ねて。
一日限りだったので、ご覧になった方は少ないかと思いますが、見城さんの『読書という荒野』の出版記念トークショーだったわけです。
見城さんの読書遍歴が熱く語られております。
興味のある方はぜひ。
kenjyou1.jpg
私は月刊カドカワでバイトしていた頃、見城さんに教えられて何冊かは読んでいたのですが、もちろん知らなかったのいっぱいあります、一冊ものすごく興味をそそられた本がありました。
絶版でした・・・
なのでブックオフの入荷待ちリストに登録しておいたのですが、こんな風に届きました。
DSC06261.jpg
「汚れているので、タダでいいよー!」
とのことです。送料もです。
ま、「えらいなぁ・・・ ブックオフ」と思ったわけです。
ちょっと黄ばんでますが、普通の古本で全く問題ありません。
今は心に全く余裕が無いので読めませんが、楽しみです。

紀伊國屋さん、ごめんなさい! 新刊だったら・・・

この『読書という荒野』に出てくる五味川純平の『人間の条件』と高橋和巳の『邪宗門』は忘れられませんね。オススメです。
全然、難解じゃありません。物語としてすっごい面白いです。ハマります。そして、魂が揺さぶられます。
特にこのブログを読んでくれている若者がいたら、ぜひ!
そして、購入するなら紀伊國屋書店です!

最後に、がんばれ巨人!!

皆さま、私の誕生日へのたくさんのメッセージ、ほんとうにありがとうございます!
本来なら一つ一つ返信せねばと思うのですが、今、ちょっと色々追われておりまして、こういう形でお礼を申し上げさせていただきます。

ほんとうに嬉しいです。
もう一度、心より御礼申し上げます。

稽古場でも皆に祝っていただきました。
DSC06211.jpg

DSC06210.jpg
誕生日が一日違い(6日)の小川蓮くんと一緒でした。
蓮くん・・・ 私の半分以下ですよ・・・

皆、ありがとうー!!
ケーキも美味でした!


このメンバーで毎日、稽古に明け暮れております。
その稽古の合間に癒やしてくれているのが、このチョコです。
DSC06207.jpg
美味しいですよね。
ただ、私は3欠片食べると気持ち悪くなります。
4欠片食べると稽古ができなくなると思います。
禁断のチョコです。


雨に煙るスカイツリー
DSC06231.jpg

「無謀ナイト」よろしく!

ガシガシ稽古しております。
セリフ量も殺陣の手数もダンスも半端ないです。

ああ・・・ セリフ入れないと・・・


さて、この公演、幻冬舎プレゼンツです。
と言うことは、無謀ナイトがあるのです。

25才以下の学生は無料! な公演です。

11/7(水) 19:00開演 の公演です。

まだ演劇を観るチャンスやお金がないという若者のための公演です。
幻冬舎社長・見城さんの強い想いから生まれた公演です。

この「無謀ナイト」、まだ席に多少余裕がございます。

このブログを見てくださっている方は、もう今回の公演のことはよくご承知な方ばかりかとは思います。
どうか、お近くに、まだ演劇を観たことのない若者がいらしたら、この「無謀ナイト」のことを知らせてやってください。
よろしくお願いします。
演劇に一度でも触れるいい機会になればと思います。

無料なのです!

一度観て、ダメならしょうがないです。でも一度は観てみないとと思います。

詳細、お申し込みはこちらです。

座長の横内、劇作家40周年記念公演です。
0DSC06164.jpg


0DSC06185.jpg
だいぶ席も埋まってきております。

六角も二年ぶりの出演です。
DSC06175.jpg

なにとぞ、お見逃しの無きよう。

「みむら」以外も、ぜひ!

使っているサーバーの関係で画像がアップロードできず一日経ってしまいました。昨日アップするはずのものを今更新です。

あの殺人的な酷暑が嘘だったような今日この頃、ちょっとオレンジっぽい中秋の名月を見ながら、久々の更新です。

でも、あれですね。季節ってのはグラデーションで移り変わっていくのじゃないですね?「はい! ここまで夏!! ここからは秋! ビシッと秋!!」
てな具合にがっつり境目があるものですね。

今日はちょっと蒸し暑かったです。でも、あの殺人光線のごとき太陽光とは比較にならない穏やかな日差しの中、厚木のポスター貼りでした。

毎回似たような更新になるので、見飽きた方も多いかとは思いますが、ここから公演は始まるのです!

貼る貼る貼る貼る・・・
atsugi.jpg
毎度のことなので、今回は雑な写真になりました。すみません。
ポスターが何枚あっても足りません!

しかし、勝手知ったる厚木の街も、いつものお店が移転してたり閉店が決まったり・・・
DSC06061.jpg
やっぱり変わっていきます。

休憩時間のジャンボ花火パフェ!
DSC06108.jpg
完食!


来年お世話になる厚木演劇鑑賞会にて。
DSC06065.jpg
来年はまたツアーがあるらしい・・・

さて、厚木は盛り上がること間違い無しです。
チケットも売りきれるでしょう。
厚木の方々にはほんとうに助けていただいております。

もちろん、聖地紀伊國屋ホールも盛り上げねばなりません!

紀伊國屋ホール、いつもよりちょっとだけ長めの公演です。
schedule.jpg
この「み」「む」「ら」以外の平日、まだまだ狙い目でございます。
こういうね、普通の日に何かが起きるのです。
何が起きるのかはわかりませんが・・・ にはははははは。

よろしくお願いいたします!

DSC06080.jpg

朗読劇『青空』

猛暑中お見舞い申し上げます。

お元気でしょうか?
お元気な方はいらっしゃいますか?

暑いですよ! 熱すぎですよ!
日光が凶器と化しています!

そんな猛暑のさなか、素晴らしい暑気払いがございます。

朗読劇『青空』のご案内です。

!cid_ii_jjien95n0_1648e03dc4bd02cc.jpg

!cid_ii_jjico0md1_1648dd135f1f3a8b.jpg

これがまたほんっとにいい話なのでございます。
お時間があれば日本橋三越の三越劇場にお越しいただければと思います。
ほんとに古き良き昭和のデパートで、劇場も時代を感じさせられる素晴らしい空間です。一見の価値はあるかと思います。
ぜひぜひ、よろしくお願いします。
私の出演は8/19(日)13:00からです。
大楽です。


方南ぐみ企画公演
朗読劇『青空』


【あらすじ】
少年の遊び相手は柴犬と野良猫だった。
時代は太平洋戦争真っ只中。
物資不足に陥ったお国は庶民に「家庭で飼育してる犬と猫を差し出せ」と命令を下した。
愛国心に満ち溢れていた少年は...芝犬と野良猫の命を助けたいと願った―。

【作・演出】
樫田正剛

【出演者】
8月8日 (水) : 武田知大  永島聖羅  松井勇歩  米原幸佑
8月9日 (木) : 石井正則  佐藤日向  反橋宗一郎 本田礼生
8月10日(金) : 寿美菜子  前島亜美  水島 裕  八神 蓮
8月11日(土) : 石倉三郎  猪野広樹  中嶋朋子  山崎銀之丞
8月12日(日) : 石田晴香  井上喜久子 平田広明 水島 裕
8月13日(月) : 青木さやか 朝倉伸二  伊藤裕一  寿美菜子
8月14日(火) : 大空ゆうひ 小宮有紗  高橋ひとみ 竹中直人
8月15日(水) : 財木琢磨  中島ひろ子 前島亜美 村田雄浩
8月17日(金) : 荻野由佳 緒月遠麻  前川泰之  水谷あつし
8月19日(日) : 太田将熙 岡森 諦   近藤頌利 櫻井圭登
(五十音順・敬称略)

【公演日程】
2018年8月8日(水)~8月19日(日)

【公演スケジュール】
8月8日 (水)19時~
8月9日 (木)19時~
8月10日(金)19時~
8月11日(土)13時~ 18時~
8月12日(日)13時~
8月13日(月)19時~
8月14日(火)19時~
8月15日(水)19時~
8月17日(金)19時~
8月19日(日)13時~
※開場は開演の30分前


【会場】
三越劇場

【料金】
5000円(税込・全席指定)
3000円(税込・全席指定・小学生以下)
※未就学児入場不可

詳しくはこの辺りを。

このメンバーでお贈りします。
S__67706887.jpg

よろしくお願いします。

次回は幻冬舎プレゼンツ第三弾!

『リボンの騎士』改めて、拝見させていただきました。
やっぱりいい舞台でした。
舞台でしか味わえない感動を十二分に堪能させていただきました。
出演者の皆さん、スタッフの皆さん、おつかれさまでした。
ありがとうございました。

今頃は後片付けの最中でしょうか。
どうぞ心ゆくまで打ち上げを楽しんでください。


そして、気が早いようではありますが、次回の扉座の公演のお知らせなのです。


扉座第63回公演
幻冬舎プレゼンツ第3弾
『「無謀漫遊記」助さん格さんの俺たちに明日はない』

企画 見城徹
作・演出 横内謙介

2018/10/27,28厚木文化会館(小ホール)
11/4~11日紀伊国屋ホール

扉座、久々の聖地とも言える紀伊國屋ホールでの公演です。


そして、この公演を企画をしてくださいました見城さんのトークイベントがございます。
第282回新宿セミナー@Kinokuniya
『読書という荒野』刊行記念 見城徹トークイベント 
2018年7月18日(水)19:00開演(18:30開場)
詳しくはこの辺りを。

kenjyou1.jpg

このトークイベント、あくまで見城さんの刊行記念なのですが、そこでこの公演のプレ宣伝もやってしまおうということになったわけです。
久々に扉座に出演する六角も出ます。
このトークイベント、大々的に盛大に盛り上げたく思っております。
2018年7月18日(水) 19:00開演(18:30開場)
平日ではありますが、お時間のある方はぜひぜひ応援に駆けつけてやってください。
よろしくお願いします。

チケットは当日でも大丈夫かとは思いますが、キノチケットオンラインでもお求めになります。
会員登録とかちょっと面倒かとは思いますが、これを機会に。


お待ちしております。

『リボンの騎士』厚木開幕!

『リボンの騎士』、昨日、ゲネ(リハーサル)を拝見いたしました。

これはですね・・・ ほんっっとにいい!
何度か目頭を熱くしました。

ステキな舞台でした!

これ、どう書けばいいのでしょうね。
若者の「ひたむきさ」とか「純粋さ」とか「汗」とか「情熱」とか・・・ ありふれた言葉になってしまうのでが・・・
いや、それもあるのだけれど、それだけじゃないのさ。
ほんとうに出演者が愛おしくなるのです。
舞台作品としてほんとうにスンバラだったと思うのです。
私の年齢の半分もいかない若者たちに改めて舞台の豊かさを教えていただきました。

「嗚呼・・・ 舞台っていいなぁ・・・」
そう、心から感じさせてくれる舞台でした。

ボキャブラリーが足りなくてすみません。
ほんとうに見る価値のある舞台です。

今頃、初日が開け、出演者はホッとしている頃だと思います。
楽日まで存分に楽しんでください。
心より応援しております。

ゲネ終了後のラッキー池田さんと横内。
DSC06053.jpg
お疲れ様でした。

まだ、チケットのある日もございます。
ぜひ!!

十の扉座展-第二幕-

我等がデザイナー吉野さんの『十の扉座展』、もちろん行って参りました。
ちょっとアップが遅くなり、もう明日までになっちゃいました。

この写真見てください。
yosino.jpg
たまたま一緒になった友人であり古くからの扉座ファンの平野さんが撮ってくださいました。
これ、一昨日撮った写真ですよ!
何十年も前に撮ったものではありません。
右上に光り輝いているのは白熱電球です。
もう・・・ 昭和に撮ったとしか思えません!

この『十の扉座展』扉座のチラシやポスター、他印刷物が吉野さんのご自宅に展示してあるのです。
この自宅がスンバラなのです!!
昭和にタイムスリップしてしまうのです。
ここにちょっとご自宅の写真がありますね。
扉座の印刷物の歴史以外にも十分楽しめますので、ぜひぜひお出かけください。
のんびりと豊かな時間が過ごせると思います。
詳細はこの辺りです。

ちなみに写真の左が吉野さんです。
右の女性はイラストレーターの浜野史子さんです。
この方、その筋では超有名な方でとってもステキな方でした。
ホームページのイラスト見てみてください。
時間を忘れてしまいます・・・
素晴らしい出会いでした。

さすが吉野さん!!